ビジネス・旅行や留学時に大連ウィークリーマンションをご利用ください。ホテル 旅行 出張 サービスアパートメント ホテル式格安ホテル 大連ウィークリーマンションの公式サイトです。

20080727_56.JPG

大連 観光案内

大連 ウィークリーマンション大連はアジア大陸の東海岸に位置し、遼東半島の最南端にあります。東は黄海、西は渤海、南は山東半島と海を隔てて向かい合う、美しい海浜都市です。そして、東北、華北、華東地域が世界各地と繋がる海上の門口であり、最も重要な港、貿易、工業、観光都市のひとつです。また東北アジアの商業貿易、金融、情報などの中心地で、“北方の香港”のとも呼ばれます。
大連市の総面積は12.574平方キロメートルあり、うち旧市街区の面積は2.415平方キロメートルです。総人口は約540万人で、そのうち市街区の人口は約270万人です。大連は山地や丘陵が多く、逆に平野や低地が少ないところです。地形は北から南へ傾き、北は広く、南が狭くなっています。また、大連は景色が美しいことでも有名で、気候は穏やかで心地よく、海にも近いので、中国北方地区でも有名な旅行、レジャー、療養に適した都市となっています。

青泥と呼ばれる小さな漁村にすぎなかった大連は、現在「北海の真珠」と称される躍進中の経済都市。この町が注目を浴びるようになったのは、1898年に帝政ロシアの租借地となったときから。日露戦争後は日本に占領され、現在も当時造られた洋風建築が残る。街並みは美しいが、中国の人々にとっては占領の証でもあるもの。近代の歴史を考えながら街を散策したい。中山広場は大連の中心。大連賓館(旧大和ホテル)、中国銀行遼寧分行(旧横浜正金銀行大連支店)などの洋風建築が立ち並ぶ。街の北にある大連港は活気あふれる大貿易港。また海岸沿いには星海公園、老虎灘といった美しい海浜公園や海岸が数多くある。大連は旅順への入り口でもある。

大連観光スポット スキー場

ハッピースノーワールド(歓楽雪世界)スキー場
大連市内から車で30分、空港近くのスキー場。スノボーのレンタルもあり。
大連市甘井子区子辛村
営業時間:8:00~17:00
0411-8630-8888

甘井子区 / プレイスポット
大連林海スキー場
大連市内から車で40分のスキー場。スノボーのレンタルもあり。
大連市甘井子区営城子南溝村
営業時間:8:00~21:00(ナイターあり)
8670-9999

青泥と呼ばれる小さな漁村にすぎなかった大連は、現在「北海の真珠」と称される躍進中の経済都市。この町が注目を浴びるようになったのは、1898年に帝政ロシアの租借地となったときから。日露戦争後は日本に占領され、現在も当時造られた洋風建築が残る。街並みは美しいが、中国の人々にとっては占領の証でもあるもの。近代の歴史を考えながら街を散策したい。中山広場は大連の中心。大連賓館(旧大和ホテル)、中国銀行遼寧分行(旧横浜正金銀行大連支店)などの洋風建築が立ち並ぶ。街の北にある大連港は活気あふれる大貿易港。また海岸沿いには星海公園、老虎灘といった美しい海浜公園や海岸が数多くある。大連は旅順への入り口でもある。

アカシヤの街 大連

三方を海に囲まれた遼東半島の先端近くに位置し、天然の良港、大連湾がこの街を中国有数の港湾都市に発展させました。19世紀末の帝政ロシアをの関係から、街には当時の重圧な欧風建築物が残りエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。
また、アカシア並木の美しさから「アカシアの大連」として知られました。街は中山広場を中心に放射状に道が整備され、天津街は大連随一の繁華街となっており、周辺には緑豊かな公園が広がっています。 大連行政所轄部を含めた面積は13800km2、総人口は約590万人、市区人口は280万人となっています。
東京からの距離は沖縄とほぼ同じで、韓国のソウルが東京-大連のほぼ中間に位置します。市民は親日的で、大連市は北九州市、京都府舞鶴市、石川県七尾市、熊本県玉名市とは姉妹都市関係にあります。
旧ソ連領事館

中山広場から魯迅路へ1分ほど進んだ左側に建つ旧ソ連領事館。1938年(昭和13年)に閉館。
大連市中山区魯迅路2号
大連ホテル(旧遼東ホテル)
中山広場からロシア街への途中左側の建物。1930年に営業を開始した旧遼東ホテルです。現在も二つ星の大連ホテルとして営業中。最上階部分は増設されています。
大連市中山区上海路
大連秋林女店(旧三越)
大連の中心街のひとつである青泥洼橋。中山路に面して建つ女性向けファッションビル。1935年三越としてオープン。文革期の大連で最も高い建物だったそうです。
大連市中山区中山路
星海公園
黄海に面し海水浴も楽しめる星海公園。1909年に人工海岸の星ヶ浦として造営され多くの人で賑わっていた総合リゾート地のひとつです。
開園時間:24時間
大連市沙河口区
旧ロシア街(ロシア風情街)
大連駅の北側に位置する旧ロシア街は2000年に整備されてロシア風情街となり大連で最も有名な観光地のひとつとなっています。多くが想像復元ですが、価値ある貴重な建物も保存されています。
大連市中山区団結街~烟台街
港湾広場
大連港の入り口に位置する港湾広場。周辺には1923年建築の旧大連取引所が残っています。また韓国系の飲食店、雑貨、洋服屋が多数あります。
大連市中山区港湾広場
人民広場
大連の行政の中心地である人民広場。一面の芝生と噴水、そして大連のシンボルといえる女性警官が凛々しく立っています。広場には大連を代表する旧関東州庁舎、旧警察訓練所、旧最高裁判所が現役で活躍中です。
中国国際ビール祭り
大連恒例の夏のイベント中国国際ビール祭り。星海広場全体を会場として暑い夏をより暑く盛り上げます。
7月末から8月第一週にかけて開催。
入場料:10元 ~23時まで。
オリンピック広場
オリンピック広場(奥林匹克広場)。奥に体育場、サッカー場、手前にはフットサルコート。地下にはウォールマートや電子城があります。
西岗区 / 公園 / 観光
満鉄旧本社ビル
戦前の満鉄の旧本社ビル。
現在も中国鉄路局の大連支局として使用されています。
大連市中山区魯迅路9号
星海広場
大連市西南部にある1997年香港返還を記念して作られた星海広場。
アジア一の面積で北京の天安門広場の約4倍の広さを誇り、花火大会、マラソン、国際ビール祭りなど各種イベントなど開催される広場です。上空から見ると鮮やかな地上絵のように作られています。

大連のグルメ

大連 ウィークリーマンション中秋節
港湾都市・大連は昔から海外との関わりが多い。多くの外国人が住み、様々な文化が入ってきている。欧米から伝わってきたスイーツと中国伝統菓子をご紹介します。中国には中秋の名月(旧暦の8月15日)に家族揃って月餅を食べる習慣がある。満月を見立てた月餅には「家族が円満にすごせますように」との願いが込められている。
広東式・蘇州式・潮州式・雲南式など、各地によって月餅の種類も様々。また近年は中身の餡も多様で、抹茶味やフカヒレを入れたものまである。
旧暦の8月15日は中秋節となっており、中国人にとっては、旧正月、清明節と並んでとても大切な行事となっている。普段離れている家族が集まり、一家団欒を楽しむ。
★月餅の定番は、卵黄(塩漬けしたアヒルの卵の黄身)入りだが、最近ではアイス月餅などが若者を中心に人気出ている。
  西洋の街並みが広がる一角にあるカフェ。添加物や保存料を使わずに作った自家製のケーキやパンを売っている。またコーヒーも独自のルートで豆を輸入し、店で挽いている。
欧米人の客が多く、ここが中国であることを忘れてしまいそうな雰囲気がある。

大連のグルメ

大連 ウィークリーマンション海鮮料理は萬賓海鮮舫お勧めです。 大連のスイスホテル(マイカルデパート)があるエリアで、アクセスも良いです。夜には若者が沢山歩く繁華街の側にお店はあります。しかも凄くドでかく夜はド派手のキンキラキンです。ドアボーイが何人もいてホテルのような入口ですが、中に水槽があり、沢山の魚介類を係りの人と一緒にまわり、食べたい物を選び調理法などを決めていきます。日本語が堪能のスタッフもいます。現地では高級ですが、日本で食べるつもりならとても安いです。二人でビールを飲んで沢山食べ(カニやでかい蛙も食べました)ても400元になりません。なんだか少しリッチになった気分になれます。
大連金利不動産は、これまでの日本の皆様との実績、経験を活かすことで、われわれはお客様に喜んでいただけるマンションをお届けできると確信しております。

大連の観光案内

大連 ウィークリーマンション三方を海に囲まれた遼東半島の先端近くに位置し、天然の良港、大連湾がこの街を中国有数の港湾都市に発展させました。19世紀末の帝政ロシアをの関係から、街には当時の重圧な欧風建築物が残りエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。
また、アカシア並木の美しさから「アカシアの大連」として知られました。街は中山広場を中心に放射状に道が整備され、天津街は大連随一の繁華街となっており、周辺には緑豊かな公園が広がっています。 大連行政所轄部を含めた面積は13800km2、総人口は約590万人、市区人口は280万人となっています。
東京からの距離は沖縄とほぼ同じで、韓国のソウルが東京-大連のほぼ中間に位置します。市民は親日的で、大連市は北九州市、京都府舞鶴市、石川県七尾市、熊本県玉名市とは姉妹都市関係にあります。
大連金利不動産は、これまでの日本の皆様との実績、経験を活かすことで、われわれはお客様に喜んでいただけるマンションをお届けできると確信しております。

大連 ウィークリーマンション大連は北方最大の港湾都市です。日本とも関わりの深い大連、その時代の面影を感じる建物も市内のあちこちに残されております。中国のその他の都市と比べても治安がよく日本人一人でも安心して旅行を楽しめます。中国がはじめての方も、大連にはまだ訪れていない方も、是非友人または家族と、さらには一人旅の方も、一度この「アカシアの街」大連に足を運んでみてください。

大連は中国のリゾートランド

大連 ウィークリーマンション大連は四季のはっきりした都市です。同じ緯度の日本に比べても大陸性気候のために夏は暑く冬は寒いです。大連の春は非常に天気が良く快晴の穏やかな日々が続きます。遼東半島の南端、三方を海に囲まれたところに発達した町。アカシヤの大連。19世紀末に帝政ロシアの租借地となり、旅順の軍港とともに貿易港として大きな発展をとげた。日露戦争後は、満州国時代を経て、長く日本の管理下におかれた。その当時の洋風建築は今も活用され、町にエキゾチックな雰囲気を添えている。
 大連の冬は非常に厳しいために、冬になると屋内で過ごさざるを得ないのですが、春になり気温が上がってくると街に人通りが出てきます。最近は暖かい日が増えてきたため街の人通りもかなり増えてきました。大連ももうすぐ夏 中国のリゾートランド 大連へ お越しください。
大連大連は海に近く、3kmの長いビーチには、半端ではないビーチパラソルの花が開きます。海の家も多く、ビール、海鮮焼き、バーベキュー,西瓜など 海を眺めながら パーティができます。この大連のビーチには、多くのロシア人が訪れます。ロシアから一番近い、南国リゾートが大連だからなのです。
 遼東半島南端にある大連は中国の重要な港であり、工業と観光都市である。大連は三面を水に囲まれていて海岸線は長く、沿海には島々が空の星のように点在している。景色はすばらしく、市街は整潔で環境もよく、夜景は人々を魅了する。美しい港湾都市大連は観光、療養をするのにすばらしい都市である。槐の花見大会、国際ファッションフェスティバル、輸出商品交易会、国際マラソン大会などは毎年盛大に催されている。また日本人にとっては旧満州国があった地方ということで馴染みやすい地方でもあります。刺身を食べる、大浴場に裸で入浴するなど日本人的文化習慣が残っています。海鮮料理とサウナ入浴は大連ではかかせない名物です。ぜひ体験してみてください。

観光 スポット 大連市内

中国東北地方における有名な避暑地。浜海路の長さは30.9kmに及ぶ。有名な景勝地には棒捶島、老虎灘楽園、星海湾、黒石礁などがある。市内は満州時代の石造りの建物と近代的なビルが混在。どこか横浜の町と似ています。夜の街のライトアップは素晴らしくきれいです。
旅順口風景区には、海浜観光と生態環境観光を集めた国立風景名勝区。区内には203高地などの日露戦争の遺址がある。
金石灘国立観光レジャー区には、山を背にして黄海に臨んでいる、ーチは平坦で柔らかく、海水は紺碧で穏やかである。海面には奇怪な形をした岩礁が林立する。7.5kmに及ぶ天然海水浴場と中国NO1の18ホールのゴルフ場がある。また国立モデル学校があり全寮制で600人の高校生が世界のトップモデルを目指してかんばっている。当ホテルからの特別手配で10名様以上で見学可能。金州、大黒山には、古井町並みの残る金州と道教のお寺が散在する大黒山。秋は紅葉が美しい。近代的な大連も良いですが、お寺めぐりもなかなかいいものです。


大きな地図で見る 東に黄海、西は渤海を臨む中国遼東半島の最南端に位置する大連市は、年間平均気温10℃で、夏は非常に涼しい。中国でも有数の観光都市である大連は、アジアでわずか2都市だけがランクされた「世界環境都市500」の一つであり、国連からも中国で唯一衛生都市、ガーデン都市の称号を与えられている。1993年5月、当時国家主席だった江沢民氏は、大連市を「北方の真珠」と表現し、中国国家観光長は「ロマンの都」と語った。
 大連の旅行の特徴は海に面し、山を背にした美しい環境にある。大規模な旅行活動によってその名を広め、ファッション、サッカー、田園風景、ネオン街という個性ある観光資源が、大連を若々しい現代のロマンの都にしている。
ロマンチックな広場、緑地、噴水そして庭園の中の都市空間がある、大連は、市内に1300万平方―メートルの緑地を有する、中国北部で最も緑化率の高い、緑の都市であり、中国最大で、世界でも3番目に大きな海軍広場、面積110万平方メートルのアジア最大を誇る海星広場、中山音楽広場、人民噴水広場などの50ヶ所のバラエティに飛んだ広場のある、中国一広場の多い都市でもある。40キロメートルに及ぶ濱海路は中国を代表する観光コースで、まるで宝石を連ねるチェーンのように観光地を結んでいる。

ロマンチックな建築物

 大連には古代ローマ様式、ロシア古典様式(ロスキー一条街)、バロック様式、ビザンチン様式などの異国情緒豊かな建築物やヨーロッパ風のドーム屋根の洋館が多数残されているほか、日本式の建築物(南山旅游風情街)や中国の伝統的な建築物もある。その一方で美少女のように楚々とした希望大廈や、その恋人のハンサムボーイのような世界貿易大廈などの現代的な高層ビルもあり、新旧の建物がその美しさを競い合う。美しい建築物が立ち並ぶ大連には、40名余りの女性騎馬警察官がおり、その凛とした姿も街並みに花を添えている。

ロマンチックな海、そして新鮮な空気と海鮮料理

 大連の海岸線は1900キロメートルにも及ぶ。この海から贈られた快適な気温、新鮮な空気、海産物は大連旅行の魅力の一つであろう。訪れる観光客は新鮮な魚介類に舌鼓を打ち、美しい海を眺め、釣や海水浴を楽しむ。大連の海産物は豊富で、しかも味が良い。特に鮑は、国内の総水揚げ量の実に60%が大連産なのだ。これは、大連の海は塩の含有率が30%で、水温も高級海産物の成長に適しているためであるが、何より大連の海が汚染のない、水質の優れた海域であるからだ。

北のリゾート ロマンチックな金石灘、旅順

 大連金石灘国家観光リゾート区にある岩礁は、まるで天地創造の神が斧で断ち切ったような天然のものとは思えない形をしており、中国地質博物館の別名がある。その中の亀裂石は6億年前のものだ。また、ここには世界中にある4万ヶ所のゴルフ場の中で6位にランクされた金石ゴルフ場をはじめ、金石カントリーハウス、中華武館、モデル映像芸術センター、ハンティングクラブ、国際会議センター、地熱温泉、メイプル・インターナショナルスクール、黄金海岸、結婚式場などがある。
 大連と旅順は近代に勃発した2度の世界大戦で戦場になった土地で、中国近代史を知る博物館とも言われている。ここには旅順博物館、日本・ロシア監獄跡などの歴史的な観光ポイントのほか、アジア最大のヘビ博物館、蛇島、鳥島、豚島などの一風変わった観光地点がある。渤海の海域境界は大自然の天然奇観であり、旅順の老鉄山温泉、世界平和公園なども観光客に人気のあるスポットである。
 大連冰峪溝観光風景リゾート区は山と水が織り成す奇観で知られ、北方の小桂林と呼ばれている。